【土地家屋調査士試験】2020年の振り返り

こんにちは、ショシ太郎です。

毎年言っている気がしますが、今年は本当にあっという間の一年でした。
こんな一年は初めてです。コロナを皮切りに、世の中の動きが一変してしまいました。

この記事を書いている間に年が明けてしまいそうですが、2020年を簡単に振り返ってみたいと思います。

2020年でできたこと

・アガルートインプット講座
・H17〜R1択一過去問13周
・H17〜R1記述過去問3周
・測量士補(多角測量まで)
・(関係ないけど)宅建合格

進捗としては中々順調だと思います。
受験を決めた時から記述式が鬼門になってくると思っていたので、とにかく択一をさっさと終わらせて記述式に時間を取ろうという作戦です。

択一は時間を開けても8〜9割は安定して取れるようになってきました。
(13回もやっていたら当然と言えば当然ですが・・・。)

記述はまだまだ荒削りな感じがしますが、座標の計算で解説も見ても訳わからん!という現象は無くなり自力で数字を出せるようなりました。

問題は午前対策

測量士補は独学で取得し、10月に万全の状態で調査士試験に臨むという計画だったのですが、まさかのR3測量士補が8月以降の実施・・・。
受けるつもりのなかった午前試験を受けざると得ない状況になってしまったのです。(涙)

何を隠そう、私は大の数学(算数)アレルギーなんです。
センター試験でも半分くらいしか取れなかった記憶があります。

そんなレベルなので午前試験は不安要素しかないんですよねぇ・・・。
しかも測量士補は独学で取る予定だったので、アガルートの講座も調査士単体での受講でした。

ただ、さすがに午前対策を独学でやるのは無理があると思ったのでアガルートの講座を測量士補ダブル合格コースに変更しました。

多角測量までやりましたが、小数点の計算が怠すぎる!!
少数の割り算掛け算ってこんなに難しかったっけ?!

2021年の抱負

そして、来たる2021年の豊富ですが、単刀直入に

土地家屋調査士試験合格

です!これしかないです。
絶対一発合格!!

2019年度は行政書士に一発合格、2020年度は宅建に一発合格と波は来ていると思います。このビッグウェーブにうまく乗りたいところです。

当面は、5月の模試で好成績を取ることを目標に過去問を解きまくります!
皆さま、2021年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

ショシ太郎