初心者でもできる!革靴の鏡面磨き(ハイシャイン)のやり方を解説

 
よめ
初心者向けに分かりやすく鏡面磨きを解説してほしい!

そんな疑問にお答えします。

こんにちは、最近靴ネタばかり投稿しているうーさーです。

今回は鏡面磨きについて解説していきます。

つま先やかかとをピッカピカにする鏡面磨きですが、初心者がするにはハードルが高いと思っていませんか?
実は、ちょっとコツを掴めばプロ並みまではいきませんが、パッと見て光ってるな~というレベルまでは誰でも簡単にできるんです。

鏡面磨きは見た目の変化が分かりやすいのでやりがいはあるかと思います。
一方で、デメリットもあるのでそちらも合わせて解説していきます。

・ワックスと水を繰り返すとピカピカに!
・一長一短あります
・TPOは見極めて

それでは、詳しく見ていきましょう。

ビフォー

磨く前に、現状を確認しておきます。

鏡面磨きは、つま先とかかとのみ行うのが基本です。
靴全面を光らせてしまうのは少々品が無いことと、この2か所は芯が入っているためワックスを塗ってもシワになりにくいからです。
逆に、甲や側面など革に圧力がかかりやすい箇所は、歩くとワックスが浮き上がってみすぼらしい見た目になってしまいます。
↓こんな感じ

使用する物

ワックス

saphir ワックス

これが無いと始まらないです。
ワックスもいろんな商品がありますが、困ったときはアマゾンでレビューが沢山あるものを選んでおけばOKです。

靴の色に合わせてワックスを揃えるのは大変なので今回はカラーレス(透明)タイプを使用します。

クロス

コロニル クロス

ワックスを伸ばし、光沢を出すためのクロスです。
これも代わりはいくらでもあります。

着なくなったコットン製のTシャツがあればそれでもOKです。
より光らせたい方はネル生地があると良いです。

後で解説しますが、ワックスで光沢を出すためには水が不可欠です。
ちなみに、鏡面磨き上級者はハンドラップというカッコいいものを使っています。
これがあれば水の量を調節しやすいとか。

私はハンドラップを持っていないので霧吹きで腕に水を吹きかけ、そこから水量を調整しています(笑)

手順

道具が揃ったところで、鏡面磨きの手順を説明していきます。

ワックスの前に・・・!

ワックスをかける前に、靴をキレイな状態にしておきます。
化粧の上から新しい化粧をするととんでもないことになってしまいますよね。

靴磨きの詳細は以下記事にて説明しています。

靴磨きはコチラ

 よめ靴磨きって何を使ったらいいの?いろんな道具があってよくわからない。。。磨き方も教えて!そんな疑問にお答えします。こんにちは、隙あらば靴をブラッシングしているうーさーです。ホワイトカラーの社会人だ[…]

靴の磨き方

ワックスがけ

靴磨きが終わったら、いよいよワックスがけです。

クロスにワックスを付け、靴に塗りこんでいきます。
ワックスの量は気持ち少な目で大丈夫です、表面をそっとなでるくらい。

ワックスを塗ると革の表面が白く濁ったような色に変わるので、全体が万遍なく白くなるように縫っていきます。

塗り終わったら、ワックスを乾かすために3分ほど放置します。

水で磨き上げる

ワックスが乾いたら、水の出番です。
水を使うことでワックスの滑りが良くなりキレイな光沢を出しやすくなります。

クロスに水を一滴染み込ませ、ワックスを広げるようなイメージで優しく磨いていきます。
靴に直接水を垂らしてもOKです。

ここで強くこすってしまうとワックスが落ちてしまうので、強さよりも速く磨くことを意識すると良いです。

(ハイシャイン)

水を付けすぎてしまうと、ワックスがムラになってしまうので要注意です。
まずは少なめから試してみて足りないようであればちょっとずつ足していきます。

ひたすら繰り返す!

あとは上記の手順をひたすら繰り返します。
「ワックスがけ」→「水で広げる」これを繰り返すことでワックスの層がどんどん重なっていき、光沢が増します。

5回も繰り返すと、キレイな光沢が出ているはずなのでもうワックスは不要です。
水を含ませたクロスで拭き上げると完成です!

アフター

こんな感じになりました・・・

革靴 鏡面磨き
革靴 鏡面磨き
革靴 鏡面磨き
革靴 鏡面磨き
革靴 鏡面磨き

私は鏡面磨き初心者ですが、そこそこ光っているかと思います。
上手な方は本当に”鏡”のごとく革が反射します。

ご自身の好みに応じてテカらせてください。
上手くいかないときは、力の入れ具合や磨くスピード、水の量などを試行錯誤すると感覚がつかめると思います。

鏡面磨きはすべきなの?

ここまで鏡面磨きの手順を解説してきたのですが、私は基本的には鏡面磨きはしない派です。
今回は記事稼ぎのためにやってみました。

鏡面磨きは確かにキレイでドレッシーなんですが、せっかく高級な革を使っているんだったらそのままの状態でよくない?と思ってしまいます。。。

それと、鏡面磨きは化粧の一種なので多かれ少なかれ革にダメージが残ります。
頻繁に光らせたり、光らせたまま放置していると靴の寿命は確実に縮みます。

いろいろ調べてみると、普段は光らせずにパーティーに出席する際は光らせるといった使い分けをしている方が多いようです。
TPOの見極めはとても大事ですね。
間違ってもお葬式でピカピカに光った靴を履かないように。

鏡面磨きについては割と争いがあるところなので、この辺りにしておきます。。。

うーさー