Basic-Lifeへようこそ。生活をシンプル・快適にするアイテムをご紹介しています。

【オーダースーツ】麻布テーラーでジャケパンをオーダーしてみた!(写真多め)

こんにちは。
うーさーです。

先日、冬のボーナスで購入していた麻布テーラーのオーダージャケット&スラックスが完成しました。

今までは量販店の既製品しか買ったことがなかったのですが、もっと見た目に拘っていこうということで初めてオーダーに手を出しました。

なお、今回はオーダースーツではなく、オーダージャケット&スラックスです。(いわゆるジャケパンスタイル)
流れはオーダースーツと同じなのでぜひ参考にしてみてください。

スーツのケースもおしゃれです。

麻布テーラーのパーソナルオーダー

麻布テーラーのパーソナルオーダースーツは、一着40,000円からお仕立ていただけます。「パーソナルオーダー」を採用しており、スタッフがカウンセリングから細やかな採寸、補正まで会話をしながら一緒に作っていきますので、体型はもちろん、好みや職種によるニーズにフィットする理想の一着をお仕立ていたします。また、生地選びはオーダーの醍醐味で、定番からトレンドを反映したものまで約3000と国内随一の種類をご用意しております。

公式サイトより

パーソナルオーダーという名称を使用していますが、いわゆるパターンオーダーです。
フルオーダーとは違い、あらかじめ用意された候補を組み合わせて作り上げていくものです。
とは言っても組み合わせは無限に存在しますので、出来上がったスーツはあなただけの世界に一つだけのスーツです。

まずは生地選びから

お店に入り、店員さんにオーダーしたい旨を伝えると分厚い生地のサンプルを渡されて、ここから自由に選んでください。といった感じでスタートします。
パラパラ見てみましたがなかなか種類が豊富でノーアイディアで臨むと日が暮れてしまいそうです。
もちろん、生地によっては高額なものもありますので、その点は財布と要相談です。

私の中での今回のテーマは、「ブラウン系のジャケパンスタイルで、ジャケットはオンオフで使えるカジュアルよりな仕様」です。

ジャケットの生地はすぐに決まりました。第一候補の生地がかなり高かったので第二候補のガンクラブチェックで決定です。

スラックスの生地はかなり悩みました。
店員さんはあまり積極的に話しかけては来ないようで、私があまりに悩んでいるのを見兼ねてか、いくつかおすすめの生地を紹介してくれました。
結局、店員さんがおすすめしてくれた生地で決定しました。

仕様決定&サイズ測定

生地が決まれば、次はカスタム内容を決定していきます。
こちらは後ほど写真付きで説明します。

サイズ測定は店員さんと相談しながら細かい調整もしていただけました。
私は肩幅が広く腕が長いので既製品だとサイズに苦労するのですが、その点もしっかり調整していただけました。

完成

オーダーしてから完成&受取までは1ヶ月ほどかかります。
とにかく待ち遠しいです。。。

さて、ジャケットはこんな感じに仕上がりました!

悪くないだろう。(松蔭寺風)
というより、思っていたよりもかっこいいです。
オーダーした後、ちょっとやりすぎたかもと思ったのですが、生地の色がよかったのか落ち着いた風体に仕上がりました。

ではカスタムした部分を見ていきましょう。

カジュアルさを出すために、ポケットはパッチタイプにしました。
もちろん、フラップポケットやスラント、チェンジポケットも選択可能です。

フロントボタンですが、私はブレザーが好きなのであえて段返り3つボタンにしました。

ボタンの素材も選択可能です。今回は店員さんにおすすめしてもらったメタルボタンにしました。
クラシックな雰囲気がジャケットにピッタリです。
ちなみに、追加料金が発生したカスタムはこのボタンのみです。

袖口のボタンの数も選択可能です。メタルボタンが4つもついているとガチャガチャしそうなので3つに抑えておきました。

写真が分かりづらいのですが襟のステッチの有無とステッチの位置もカスタム可能です。
私はカジュアルよりにしたかったので、ステッチを内側に入れてもらいました。

裏地には「azabu tailor」のタグ。
反対側には名前の刺繍も入れてもらいました。

この裏地の色も選択可能です。
なかなかイメージがつきにくく、選ぶのが難しかったので同系色にしておきました。

後ろから見た姿はこんな感じです。
ベンツはサイドベンツにしました。なんとなくセンターベントの方がフォーマルな感じがしたので。

続いてスラックスです。
写真では色が伝わりにくいですね。。。
実際は少しブラウンのかかったスラックスです。

タックも選択可能です。今回はワンタックにしてみました。
ブラウンがメインのセットアップで、メタルボタンも採用したのでタックを入れればクラシック感が増すかなというのが狙いです。

フロントですが、持ち出しの有無も選択可能です。(真ん中についているボタン)
後記しますが、スラックスは水牛のボタンを採用したので持ち出し付きにすれば水牛ボタンが1つ増えるじゃん!という浅はかな理由で持ち出し付きにしました。

フロントとバックのポケットの形も選択できます。
あまりこだわりはなかったのでシンプルな左右ボタン止めにしておきました。
その方が他のジャケットとも合わせやすいかなと思います。

ちなみに、スラックスのボタンは高級なものを選んでも追加料金が発生しないので遠慮無く水牛ボタンを選択しました。(スラックスだと3000円ほど追加料金になります)

裾はダブルの4.5cmにしました。
これが私の中での鉄板カスタムです。

着用画像

こんな感じのカスタムですが、肝心なのは似合っているかどうかです。

個人的にはかなりいいんじゃないかと思います。
サイズもピッタリで、肩のところがパツパツにならず、袖口もワイシャツが少し見える程度で丁度良いです。

後ろから見たらこんな感じです。
強いて言うなら太もも周りはワンタックにした分もう少しタイトにしてもよかったかもしれないです。

最後に

最後に値段ですが、ジャケット¥34,500、スラックス¥23,000の計¥63,250でした!
オーダージャケパンは、普通のオーダースーツより値が張るみたいです。
ですが、吊るしのスーツが買える値段でオーダーできるのはすごいですね。

ちなみに、一度オーダーしてしまえばサイズの情報は保管されているので、2回目以降のオーダーは体形が変わらない限りスムーズに行えます。(他店舗でもOK)

うーさー

最新情報をチェック!
>Basic-Lifeについて

Basic-Lifeについて

Basic-Lifeを閲覧いただきありがとうございます。当ブログでは、メンズファッションを中心に、筆者が普段着用しているものや実際に購入して便利だったものを紹介していきます。その他日々の生活を快適にするアイテム・小ネタ等紹介します。テーマは「生活をシンプル・快適に」