Bluetoothイヤホン買ったらめちゃくちゃ捗る!!【JBL TUNE120】

こんにちは。うーさーです。

通勤中やちょっとした空き時間に音楽や動画を楽しむのは当たり前になってきた今、イヤホンは必須のアイテムですよね。
私は今ままで付属品のイヤホンを使っていたのですが、やはりコードが邪魔ですし、周りを見てもみんなコードレスになっていてなんだか恥ずかしくなってしまったので、この度Bluetoothイヤホンを買ってみました。

今回購入したのは、JBL TUNE120です。これを選んだ理由は、2019年6月に発売された新商品であること、昔買ったスマホにJBLのイヤホンが付いてきたことがあって親しみがあったこと…だけです。

正直オーディオのことはあまりよくわからないので、商品のレビューではなく、Bluetoothイヤホンの魅力をお伝えしていきたいと思います。

コードレスなので動きやすい

当然ですがコードがあるとないのでは快適度が全然違ってきます。
音楽を聴こうと思ってカバンからイヤホンを取り出したもののコードが絡まってる、、、なんてことはありませんし腕を動かした時にコードに当たって抜けてしまう、、、なんてことも勿論ありません。
コードに動きを制限されなくなったのはかなり大きな変化です。

コンパクトで携帯性◎

コードがないため携帯性に優れています。
使用しないときは専用のケースに収納しておきます。
使い終わったあとにコードをクルクル巻いて・・・といった作業は必要ありません。
これだけコンパクトだと逆に無くしてしまいそうで心配です。

大体どのBluetoothイヤホンも同じですが、このケースにイヤホンをはめると充電ができます。

ちなみに、JBLのロゴ部分がボタンになっており、押すと再生、停止、次の曲等の操作が可能です。

接続については、一度スマホに登録してしまえば、スマホ側のBluetoothをオンにするだけで勝手に接続されるので手間がかかることは無いです。

通信状況は??

気になるのが通信状況です。
有線のイヤホンだと音楽が途切れてしまうことは無いのですが、Bluetoothの性質上、やはりどうしても途切れてしまうことはあります。
特に地下鉄で通勤しているときが途切れやすいですね。
様々な電波が飛び交っているためある程度は仕方がないとは思います。

音質は??

一応音質もレビューもしておきます。
ただ、比較対象が付属品のイヤホンなのであまり参考にならないかと思います。

価格帯的にはエントリーモデルの商品ではありますが、それでもかなり良くなったと思います。
ど素人の印象ですが、低音がズンズン来るというよりは、中高音がシャリシャリ聞こえてくる感じです。
ポップとかハードすぎないロックに合っているのかな?

さすがにクオリティには差がありますね。
今まで聞こえていなかった音が聞こえるようになりました。
また、左右でしっかりと音の聞き分けもできます。

総評

優れた携帯性や使いやすさのお陰で、隙間時間に音楽を聴く時間が増えました。今まではイヤホン出すのが面倒だからいいやとなっていた場面でも、サッと準備ができるため重宝しています。

Amazonなんかで格安のものが投げ売りされていますが、できればちゃんとした?メーカーの商品をおすすめします。
耐久性に問題ありだと思いますので。

うーさー